トピックス

社会

2020.10.23

3年 O選択 時事問題

 3年生の選択科目に時事問題の授業があります。

授業の時事問題❔ 

どうせ最近のニュース取り上げて、講義かディベートか、発表でもするんでしょ

と思っているそこのあなた

翔洋の時事問題講座はそういう授業ばかりじゃありません(もちろん講義や発表もありますが)

彼女たち、何を真剣にみているかわかりますか?

これは証券取引のデータです

時事問題の授業では、2ヶ月に1度程度のペースで、「株式学習ゲーム」に取り組んでいます

生徒は3、4人で1チームとなり、与えられた1000万円の元手を、年度末までにいくら増やせるかを競います

ゲームなので、実際に資金があるというわけではありませんが、

扱うデータは実際の証券取引所での値動きが反映されたもの。

なので、生徒は株式を動かす際に、現在の社会の動きや国の経済政策も踏まえて真剣に考えています

今年度の場合はコロナというイレギュラーな状況のせいか、

上手に利益をだすグループもいれば

思ったよりも株の値上がりが続かず、マイナスを出すグループもいたりと

結果は悲喜こもごも

しかし、このゲームはまだまだ続きます

実社会の先行きも見通しが難しい今年度ですが、この授業を通じて、

社会の動きに興味を持ち続けてほしいと思います

目指せ億万長者

2020.08.06

探究日本史

 3年生の選択科目 探究日本史では近現代史を中心に学んでいます。

今回のテーマは第一次世界大戦。

歴史的背景を学んだうえで、この戦争に対して、日本がどのような選択をとるべきだったのかを

みんなで考えました。

まず、非常にややこし~い各国の関係性や対立原因

パワーポイントで図式化 少しはわかりやすくなったでしょうか…?

さっきから外国の名前や地図しかでてきません 世界史ですか?

いえ、まぎれもない日本史です(๑ÒωÓ๑) 日本の近現代史を考えるには世界との関係が不可欠なんです。

そして本題

「第一次世界大戦に対して日本はどのようにかかわるべきだったか」

という問題について、

①連合国側で参戦  or   ②中立または傍観

理由をつけてどちらかの選択肢を選んでもらった結果👇

①12人 ②11人と半々に意見が分かれました

①を選んだ人からは「勝てば賠償金が手に入り、国の借金を返せる」「日英同盟を組んでいるから」

⓶を選んだ人からは「これ以上領土拡大をすれば他の国の反感を買う」「すすんで戦争に参加すべきではない」

といった意見があげられました

難題ですが、みんな真剣に考えてくれていました

8月、平和について考える機会が増える季節です そして今年は戦後75年という節目の年。

これをきっかけに近現代の日本が経験した戦争について、考えを深めてもらえるといいなと思います。

2020.07.02

3年 教養歴史

 2~3名1グループで

日本にある世界遺産の

調べ学習&発表会を実施

準備期間4時間と

とても短い時間の中

話し合いをしながら

パワーポイントの製作をしました

どのグループも

緊張した様子でしたが

工夫がみられる

発表をすることができました

お疲れ様でした

ページトップへ