トピックス

社会

2021.03.10

2年生 世界史A

帝国主義を皮切りに現代にも続いている経済格差を、

「貿易ゲーム」というシミュレーション学習を通して体感

グループに分かれてそれぞれの国を担当し、製品をつくって銀行で換金

途中で物の価値の変動や国連の開発援助など様々なイベントが起こります

はじめから道具が豊かな国はどんどん製品を生産することができる一方で、

経済的に貧しい国はなす術がなく大国に有利な取引しかさせてもらえない

このゲームを通して、平等になるにはどうすればよいかを考えました

2021.02.12

3年生 H選択 日本史B・世界史B

3年生の選択歴史では、普段は世界史1クラス日本史4クラスに分かれて

主に中世~近現代の歴史を学んでいます

しかし学年末考査後からは、日本史・世界史の壁を取り払って、

教員側が提示した複数の講座から1番興味のあるものを選んで受けました。

そのうちのひとつ「戦略シミュレーションゲーム作成講座」では、

1930年代~1945年までの世界の動きをもとにしたボードゲームを考えました

ゲームを作るにあたって教員側から提示したのは

対象となる年代と、中心となる国家の名前だけ。

ですが、たったそれだけの情報で

プレイヤーが所属する陣営を選び、主要国家の保有ポイントで勝敗が決まる

というゲーム基盤を作り上げてくれました

さすがの発想力

じゃあその保有ポイントは?

これも当時の人口や工業力・軍事力をもとに数値化

「先生、ソ連がヤバいです!」

「数字だけみると枢軸側に勝ち目なくない?」

とはこれを中心的に考えてくれた男子生徒たちの言葉。

ちなみに保有ポイントの増減は主に「史実イベント」と「生産クエスト」で決まるとのこと。

史実イベントというのは主に戦争中の作戦が中心になってくるのですが、

どの戦いがどの国にとってどのような意味を持つのかを考えながら重要なものをピックアップする…

この作業にみんな苦戦していました。

4回の授業ではゲーム完成とまではなりませんでしたが、

史実を考察する過程で、若い兵士ばかりを特攻させる日本の作戦に対する疑問を持ったり、

そもそも勝てると思ってたのかななど、いろいろな「なぜ?」がきこえましたd( ̄  ̄)

それに対して自分なりの答えを持つことが本当の意味で歴史を学ぶということかなと思います

彼らに許可ももらったので、現3年生が考えてくれたこの基盤をもとに、

来年度以降もこうして大戦期の世界や日本についての考えを深めていけたらいいなと思います。

2021.01.19

2年生 選択F 日本史

2年生の選択科目にある日本史B

こちらでは原始・古代~中世の日本について学びます

今回は動画をみながら「平清盛ってどんな人?」というテーマで話し合ってもらいました。

武士でありながら貴族の上にたち、実業家としての力も発揮して…

という清盛のマルチな才能をみんな理解してくれたようです

次回は源平合戦

こんなすごい人なのに、不人気な清盛

一回負けて罪人扱いされているのに人気な頼朝

2人の違いを考えてもらいたいなと思っています

2021.01.12

3年生 N選択 応用日本史

3年生の選択科目のひとつ「応用日本史」は、

日本史に対する教養を深める授業です

本年度は身近な愛知県や知多の歴史を通じて日本史学習を深く掘り下げたり、

日本の成立を深く理解するために、日本に影響を与えたアジア諸国の地理や歴史も学びました。

教科書のない科目ですので、学習手段の中心はインターネットや図書館の資料などなど

少人数でじっくり日本史を学べますよ

2020.11.18

2年生 日本史A

 2年生の日本史Aで、第一次世界大戦についてのレポートを書いてもらいました

同じテーマでも、着目するところは千差万別

イラストなども使ってわかりやすくまとめられてます

全員が作ったものを持ち寄ればテストに向けた復習もバッチリ…だよね

2020.11.12

2年生 日本史A

2年生全員が受講する日本史A。

こちらは選択制の日本史とは異なり、主に近現代の日本の歴史を学ぶ授業です

今回は辛亥革命と大正政変について。

教材が教科書しかないので、足りないところをパワーポイントで捕捉しながら進めました

どうしてこうなったのか❓ などの問いかけには

近くの友達同士で相談して真剣に考えてくれています

2020.11.12

3年 N選択 応用世界史

 応用世界史の授業では、テーマを決めてレポート作成を行っています

今回のテーマは感染症と人類の関わりについて

過去に起きた感染症をいくつか取り上げ、

現在蔓延している新型コロナウィルスと比較しました。

また主要な世界史の教科書5冊をピックアップし、

それぞれが感染症についてどのような記述をしているのかを分析しました

2020.11.12

3年 L選択 探究世界史

 探究世界史では近現代の世界の情勢について学習しています

今回は19世紀の文化の学習

時代ごとの絵画のトレンドに関する講義を受けてから、調べ学習をしました

最後は芸術について楽しく学べるサイト「びじゅチューン」の動画を視聴して、

興味・関心を深めました

2020.10.23

3年 O選択 時事問題

 3年生の選択科目に時事問題の授業があります。

授業の時事問題❔ 

どうせ最近のニュース取り上げて、講義かディベートか、発表でもするんでしょ

と思っているそこのあなた

翔洋の時事問題講座はそういう授業ばかりじゃありません(もちろん講義や発表もありますが)

彼女たち、何を真剣にみているかわかりますか?

これは証券取引のデータです

時事問題の授業では、2ヶ月に1度程度のペースで、「株式学習ゲーム」に取り組んでいます

生徒は3、4人で1チームとなり、与えられた1000万円の元手を、年度末までにいくら増やせるかを競います

ゲームなので、実際に資金があるというわけではありませんが、

扱うデータは実際の証券取引所での値動きが反映されたもの。

なので、生徒は株式を動かす際に、現在の社会の動きや国の経済政策も踏まえて真剣に考えています

今年度の場合はコロナというイレギュラーな状況のせいか、

上手に利益をだすグループもいれば

思ったよりも株の値上がりが続かず、マイナスを出すグループもいたりと

結果は悲喜こもごも

しかし、このゲームはまだまだ続きます

実社会の先行きも見通しが難しい今年度ですが、この授業を通じて、

社会の動きに興味を持ち続けてほしいと思います

目指せ億万長者

2020.08.06

探究日本史

 3年生の選択科目 探究日本史では近現代史を中心に学んでいます。

今回のテーマは第一次世界大戦。

歴史的背景を学んだうえで、この戦争に対して、日本がどのような選択をとるべきだったのかを

みんなで考えました。

まず、非常にややこし~い各国の関係性や対立原因

パワーポイントで図式化 少しはわかりやすくなったでしょうか…?

さっきから外国の名前や地図しかでてきません 世界史ですか?

いえ、まぎれもない日本史です(๑ÒωÓ๑) 日本の近現代史を考えるには世界との関係が不可欠なんです。

そして本題

「第一次世界大戦に対して日本はどのようにかかわるべきだったか」

という問題について、

①連合国側で参戦  or   ②中立または傍観

理由をつけてどちらかの選択肢を選んでもらった結果👇

①12人 ②11人と半々に意見が分かれました

①を選んだ人からは「勝てば賠償金が手に入り、国の借金を返せる」「日英同盟を組んでいるから」

⓶を選んだ人からは「これ以上領土拡大をすれば他の国の反感を買う」「すすんで戦争に参加すべきではない」

といった意見があげられました

難題ですが、みんな真剣に考えてくれていました

8月、平和について考える機会が増える季節です そして今年は戦後75年という節目の年。

これをきっかけに近現代の日本が経験した戦争について、考えを深めてもらえるといいなと思います。

2020.07.02

3年 教養歴史

 2~3名1グループで

日本にある世界遺産の

調べ学習&発表会を実施

準備期間4時間と

とても短い時間の中

話し合いをしながら

パワーポイントの製作をしました

どのグループも

緊張した様子でしたが

工夫がみられる

発表をすることができました

お疲れ様でした

ページトップへ