教 育 方 針 

教育目標

校訓最善を尽くすのもと、教育基本法の精神に基づき、真摯に自己実現に努め、国家及び社会に貢献する人間を育成するため、次の目標を掲げています。

(1)夢を持ち夢を実現するために、生涯にわたって学ぶ意欲と態度を育成する。

(2)人を愛し、地域を愛し、国際的視野に立って考察する態度を育成する。

(3)心身を鍛え、公正さと責任を重んじ、自律心を持って行動しようとする態度を育成する。

学習指導

本校は知多地区で唯一の総合学科の学校です。総合学科での学習活動の目標は、次の2点です。

①自分が何をやりたいのか、自分は何ができるのかをじっくり考える。

②自分で課題を見つけ、その答えを自ら探求する力を養う。

その目標を達成するため、本校では次のような方針で学習指導を行っています。

 ①少人数指導・習熟度別指導によって基礎学力の定着を図る。

 ②よく分かる授業と反復学習で学習習慣を育む。

 ③幅広い選択科目を開設し、生徒の適性や多様な興味・関心に対応した授業を行う。

 ④実践的・体験的な学習を重視する。

生徒指導

 本校は次に掲げる生徒の育成を目指しています。

①主体性のある生徒

②自己管理能力を身に付けた生徒

③他者への思いやりを持った生徒

④忍耐強い生徒

⑤社会に貢献できる生徒 

そのため、次の2点を重点に生徒指導を行っています。

①次代を担う青年としての必要な基本的なマナーを身につけさせる。具体的には、時間厳守、端正な頭髪・服装、挨拶の励行、交通マナーの定着

②生徒会活動、部活動、清掃活動などを通して集団とのかかわりの中で、自己の在り方を考えさせ、自律心を育成する。

進路指導

徒の多様な進路希望を実現するために、総合学科の強味を最大限に生かした進路指導を行っています。その特色は次の4点です。

①1年時次の「産業社会と人間」の授業を通して自分自身への理解と進路環境の現状について理解を深めさせる。

②教員のきめ細かなガイダンスにより、自分自身を実現する方法を考えさせる。

③多様な選択科目(2年次17時間、3年次24時間)によって自分の進路を先取りさせる。

④補習や土曜学習会によって進路希望実現に必要な基礎学力を育成する。

知多翔洋8つの強み

① 100人にも及ぶ教職員(普通科の1.5倍の人的配置)

② きめ細かい少人数授業(丁寧な教科指導、R元年度の最少開講人数は3名)

③ 主体的な学び、体験的な学び(プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力の育成)

④ 充実した部活動(運動部・文化部で多くの部活動が地区上位入賞、県大会進出)

⑤ 特徴的な設備、学習環境(トレーニングルーム、プレゼンテーションルームなど)

⑥ 強い地域との結びつき(知多市各部と連携、さまざまなボランティア活動、まちの先生講座など)

⑦ 多様な進学指導(生徒個々の特性を活かした各種推薦、AO入試、一般入試への対応)

⑧ 幅広い就職先(大手企業へ複数名の合格、地元企業への採用、公務員など)

ページトップへ