校長室より

2021年04月

2021.04.07

着任式・1学期始業式

本日は、着任式並びに始業式を行いました。着任式では、離任された先生方に代わって新たに着任された14名の先生方を紹介しました。今年度は、ベテランから新卒の方まで多士済々の先生方に来ていただきました。知多翔洋高校に新しい風を吹き込んでくださることを期待しています。

↓14名の先生をお迎えしました。

↓転任者代表の塩沢教頭先生の挨拶、1年生はプレゼンRでリモート参列

始業式の式辞では「ノミの天井」という話を紹介しました。これは、「自分にはできない。難しい。無理だ。」と思い込んだり、決めつけてしまうことを戒める話です。高校生には無限の可能性があります。自分自身の可能性を信じ、限界を作らず、高い目標を持って、あらゆることにどんどん挑戦して欲しいと生徒に訴えました。

最後に各学年に対して、以下の話をしました。

・3年生:自分の進路を実現する大切な1年であり、高い目標を掲げ、しっかりと計画を立て、着実に準備をすることが大切

・2年生:部活動も、学校行事も2年生が中心。 学校の中核であるという自覚を持って、翔洋全体を盛り上げて欲しい。

・1年生は:先生や新しい友人、先輩との交流を通じて、早く高校生活に慣れ、順調なスタートをきろう。

↓1年生はプレゼンRでリモート参列

↓始業式の後は、生徒会役員の認証式を実施

2021.04.05

離任式

本日は離任式を行いました。今年度は14名の先生方が本校を離れられます。慣れ親しんだ先生方とお別れする離任式は、まさに断腸の思いです。先生方が新天地において、健康で、ご活躍されることを祈念しております。
↓校長挨拶
↓中山前教頭先生から順に最後のお話をいただきました。
↓雁瀬先生に花束贈呈
↓中山先生、中野先生へ花束贈呈
↓加藤歩先生、武田先生に花束贈呈
↓佐久間先生、加藤歩先生に花束贈呈
↓桑子先生、杉浦先生に花束贈呈
↓武田、水野、桑子、杉浦の各先生に花束贈呈
↓挨拶の最後は、遅れて駆け付けた前川先生
↓最後は先生方を拍手でお送りしました。
それぞれの先生から、心温まるお別れの言葉をいただきました。先生方との思い出が脳裏をよぎり、思わず目頭が熱くなりました。勤務年数の長短はあれど、先生方のお話から本校に対する深い愛着、熱い思いを感じました。先生方の思いを受け継ぎ、本校をさらに素晴らしい学校にしていかねばという思いを強くしました。

2021.04.01

新年度の始まり

校庭の桜が満開を迎える中、令和3年度が始まりました。昨年度は新型コロナウィルスに翻弄された1年でしたが、今年もしばらくは、我慢の日々が続きそうです。しかし、春は必ず訪れます。それは毎年満開となって私たちの気持ちを浮き立たせてくれる桜が証明しいています。現状を悲観することなく、校庭を彩る花々のように、明るく、前向きに教育活動に取り組んで参りたいと思います。

↓満開をむかえたテニスコート横の桜

下記に<令和3年度の重点的な取組>を掲載させて頂きます。本年度も本校に対しまして、ご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

<令和3年度の重点的な取組>

(1)総合学科の特色を生かし、「多様な進路希望の実現」を可能にする進路指導の推進

※「難関大から就職まで」対応できる進路指導

(2)「多様な進路希望の実現」を可能にする学習指導の推進

※日々の学習習慣を確立させ、基礎学力を定着させる

(3)生徒の学習意欲を高揚させる「総合学科」にふさわしい授業のさらなる推進

※主体的・体験的な授業の工夫と実践=新学習指導要領への対応

(4)部活動指導のさらなる充実

(5)明るく元気な挨拶と清楚な身だしなみ、および規範意識の向上

(6)多忙化の解消

(7)効果的な情報発信の工夫

↓黒廻間池周辺の桜も満開を迎えています。

ページトップへ