校長室より

学校行事

2021.04.07

着任式・1学期始業式

本日は、着任式並びに始業式を行いました。着任式では、離任された先生方に代わって新たに着任された14名の先生方を紹介しました。今年度は、ベテランから新卒の方まで多士済々の先生方に来ていただきました。知多翔洋高校に新しい風を吹き込んでくださることを期待しています。

↓14名の先生をお迎えしました。

↓転任者代表の塩沢教頭先生の挨拶、1年生はプレゼンRでリモート参列

始業式の式辞では「ノミの天井」という話を紹介しました。これは、「自分にはできない。難しい。無理だ。」と思い込んだり、決めつけてしまうことを戒める話です。高校生には無限の可能性があります。自分自身の可能性を信じ、限界を作らず、高い目標を持って、あらゆることにどんどん挑戦して欲しいと生徒に訴えました。

最後に各学年に対して、以下の話をしました。

・3年生:自分の進路を実現する大切な1年であり、高い目標を掲げ、しっかりと計画を立て、着実に準備をすることが大切

・2年生:部活動も、学校行事も2年生が中心。 学校の中核であるという自覚を持って、翔洋全体を盛り上げて欲しい。

・1年生は:先生や新しい友人、先輩との交流を通じて、早く高校生活に慣れ、順調なスタートをきろう。

↓1年生はプレゼンRでリモート参列

↓始業式の後は、生徒会役員の認証式を実施

2021.04.05

離任式

本日は離任式を行いました。今年度は14名の先生方が本校を離れられます。慣れ親しんだ先生方とお別れする離任式は、まさに断腸の思いです。先生方が新天地において、健康で、ご活躍されることを祈念しております。
↓校長挨拶
↓中山前教頭先生から順に最後のお話をいただきました。
↓雁瀬先生に花束贈呈
↓中山先生、中野先生へ花束贈呈
↓加藤歩先生、武田先生に花束贈呈
↓佐久間先生、加藤歩先生に花束贈呈
↓桑子先生、杉浦先生に花束贈呈
↓武田、水野、桑子、杉浦の各先生に花束贈呈
↓挨拶の最後は、遅れて駆け付けた前川先生
↓最後は先生方を拍手でお送りしました。
それぞれの先生から、心温まるお別れの言葉をいただきました。先生方との思い出が脳裏をよぎり、思わず目頭が熱くなりました。勤務年数の長短はあれど、先生方のお話から本校に対する深い愛着、熱い思いを感じました。先生方の思いを受け継ぎ、本校をさらに素晴らしい学校にしていかねばという思いを強くしました。

2021.03.19

3学期終業式

本日は3学期終業式を行いました。3年生が卒業し1、2年生のみの式となりました。

↓華道部の皆さんが花を飾ってくれました。

式辞では、今までも折に触れて話してきたことですが、感染拡大防止のため、様々な制限がある中、すべての学校行事が実施しできたことに対し、生徒の皆さん、先生方にあらためて感謝を伝えました。また先行きを悲観してうつ状態になったり、カウンセリングを受ける人の数が増加していることを紹介し、自粛生活でストレスが蓄積しがちな環境の中で、気持ちだけは前向きにする「3対1」の法則について話しました。これはネガティブな気持ちがあっても、ポジティブな感情や気持ちがその3倍あれば、気持ちは前向きになり、心の健康が保たれるというものです。最後に、1年生には、来年度は学校の中心・原動力としての活躍を期待すること、2年生には、自分の進路を決める重要な1年、高い目標を掲げ、その実現に向けて、最大限の努力をして欲しいと話しました。

終業式の後は、一か年皆勤賞、部活動表彰を行いました。

↓2年生代表に一か年皆勤の症状を授与

↓1年生代表に一か年皆勤の賞状を授与

↓美術部の表彰

↓剣道部の表彰

コロナに翻弄された令和2年度が無事終了しました。

この1年、本校の教育活動にご理解とご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。

令和3年度もよろしくお願いいたします。

2021.03.04

第14回卒業式

3月1日(月)第14回卒業式を挙行いたしました。週間天気予報では、雨でしたが、曇り空ではあるものの時々晴れ間ものぞく、暖かい日になりました。今年の卒業式は、密を防ぐため、体育館は、卒業生、保護者のみとし、2年生はプレゼンテーションルーム、1年生は各教室にてオンラインで式に参加しました。

↓担任の先導で卒業生入場

式辞では、始めに、コロナ禍によって様々な制限があった中で、卒業生が学習・部活・学校行事に明るく、前向きに取り組む姿に、先生方や在校生が元気づけられたことに対して感謝の言葉を述べました。次に、これからの人生を豊かなものにするために「正解のない問題に答えを出し、それをできるだけたくさんの人に、納得させる力を磨いて欲しい。」「ほんの少しでも良いから、世の中のために、自分のできることをすすんで行う人間になって欲しい。」の2点を餞の言葉として送りました。変化の激しい、先の見えない時代を生きていくたの参考になれば幸いです。

↓総代に卒業証書を授与

↓翔洋賞授与、翔洋賞は学業・部活などすべての面で優秀な生徒に授与されます。

↓答辞、目頭が熱くなりました。

↓1年生は各教室でオンライン参列

↓プレゼンRでは2年生がオンライン参列

最後は、オンラインで参加していた在校生が中庭に集まり、卒業生を拍手で送りました。体育館に全校生徒が一堂に会して卒業を祝うことはできませんでしたが、学校全体で暖かく14回生を送り出すことができました。ありがとうございました。

↓中庭に在校生が集まり、卒業生を送り出しました。

 「雲を洩る 日のひとすぢや 卒業す」  大野林火

2021.01.07

三学期始業式

明けましておめでとうございます。

今日は、3学期の始業式を行いました。今回は二学期の始業式と同様に、各学年で話をし、式辞としました。式辞では、初めに1月3日の中日新聞朝刊コラム「中日春秋」に掲載されていた高村光太郎の「牛」という詩の一節を紹介しました。          

「牛は急ぐことをしない、ひと足、ひと足、牛は自分の道を味わっていく/遅れても、先になっても 自分の道を自分で行く/ひとををうらやましいとも思わない 牛は自分の孤独をちゃんと知っている」

私たちは、すぐに成果や結果を求めようとするが、人生においては、そんなすぐに成果が出ることはない。牛のように、周りにふりまわされず、自分の信じた道をゆっくりでも着実に歩む。これが、遠回りに思えても、目標や夢を達成する最善の方法である。牛のように、じっくりと、着実に、自分の目標に向かって進んで欲しいと生徒に話しました。

↓3年生は体育館、距離を空けて座ります。

↓同窓会「知多の会」から寄贈していただいたジェットヒーター、冬の体育館では、3台のジェットヒーターが大活躍です。

 学年ごとには、以下のような話をしました。

<3年生>

悔いの残らないように、加えて、3年間お世話になった先生方、家族、その他自分の周りの人たちに感謝する気持ちを忘れず、残された日々を過ごして欲しい。

<1・2年生>

3学期は、1年の締めくくりと同時に、次の学年への準備期間である。3学期の努力や頑張りが、次の学年に大きく影響する。「やらなければならないこと」をやってない人は、ゆっくりでもよい、着実にやるべきことをしっかりやって、次の学年に進級して欲しい。

↓2年生は武道場で実施しました。

↓1年学年主任伊藤先生の話、各学年主任も3学期に向けて話をします。

コロナ感染症の拡大を心配しながらのスタートとなってしまいしたが、私たち教員が下を向いていたのでは、生徒の表情も暗くなってしまいます。明るく前向きに教育活動に取り組んでまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020.12.23

二学期終業式

本日は、二学期の終業式を行いました。一学期の終業式は放送でしたが、今回は、体育館に2、3年生、プレゼンテーションルームに1年生が入り、2つの会場をオンラインで結ぶ「リモート終業式」の形態で行いました。

↓体育館の様子をプレゼンRに送信しています。

式辞では、まずコロナに翻弄された1年を振り返り、制限が多い中で、先生方の努力と工夫、そして、生徒がそれに応え、やる気を持って前向きに取り組んだ結果、教育活動のレベルをおとすことなく、2学期が終了できたことへの感謝の気持ちをのべました。

↓カメラをとおして、1年生に挨拶

次に、会話によるコミュニケーションについて話をしました。感染防止のためのオンラインやマスクを着けての会話は、相手の表情や感情を読みずらいので、正しい言葉で、丁寧に会話しないと、自分の考えが相手に伝わらないこと、そして「相手の意見を尊重しながら、自分の意見も誠実に主張する」=アサーティブコミュニケーションの重要性について、具体的な例をあげて説明しました。会話によるコミュニケーションがうまくできないと、他の人と良好な人間関係を築けず、喧嘩、いじめなどの争いを引き起こす危険もあります。是非、生徒の皆さんはアサーティブコミュニケーションを日々の生活の中で実践してください。

終業式の後は、部活動表彰、続いて進路指導主事、生徒指導主事から冬季休業中の学習や生活について話をしました。生徒の皆さんは、終業式での先生方の話を心に留め、冬季休業を有意義に過ごしてください。

↓部活動表彰の様子

↓体育館で話をする中村進路指導主事

↓プレゼンRでは、アップで映し出されます。

2020.10.10

修学旅行 3日目

道後温泉を出発する時は曇っていましたが、高松に近づくにつれ雨になりました。台風も近づいており、強風で瀬戸大橋が通行止めになることも予想され、日程を短縮することも視野に入れながらの最終日でした。今日のメニューは金刀比羅宮(通称:こんぴら)見学とうんどん打ちの体験です。こんぴらさんの御本宮までは785段の階段を登らなければなりません。雨で足元が悪く、その上マスクを着けての階段上りは、まさに苦行。途中で何度も引き返そうと思いましたが、生徒に負けてなるものかと何度も気合いを入れ直して御本宮まで到達しました。

↓御本宮へ向けてスタート

↓階段がどんどん急になります。

↓御本宮に到着、雨・風ともに強い!

うどん打ちの体験は、金刀比羅宮の参道にある中野うんどう学校でおこないました。音楽を流して、リズムに乗ってうどんを打っていきます。自分の手で打ったうどん、どんな味になっているのか、楽しみです。

↓麺棒で生地を伸ばします。

↓ちょっと一休み

↓包丁で切って完成

↓岡山駅で帰りの新幹線を待ちます。

↓名古屋駅金時計前で解散、お疲れさまでした。

新型コロナウィルスに加えて、台風にも注意を払わなければならなかった今回の修学旅行。生徒は色々な制限のある中で、周りへの配慮を忘れず、集団行動のマナーをわきまえ、前向きに旅行を楽しんでいました。生涯心に残る思い出となったことでしょう。難しい状況にも臨機応変に対応していただいた先生方、添乗員さん、看護師さん、さらにはお世話をして頂いた旅行先の皆さん、たくさんの方々のお陰で無事に旅行を終えることができました。本当にありがとうございました。

2020.10.08

修学旅行 2日目

今日は昨日の秋晴れが一転、小雨となりました。加えて台風の影響で風が強く、肌寒い日となりました。予定されていた分散研修は、雨天バージョンでの実施を余儀なくされました。(大洲カヌー体験コースは、ほぼ予定通り実施されました。)

昼頃からは雨脚が強まり、さらに厳しい状況になりました。今回で15回目の修学旅行引率になりますが、一日中雨に降られたのは今回が初の経験です。晴れるに越したことはありませんが、雨の修学旅行も後で振り返れば思い出深いものになることでしょう。晴天の昨日と同様に生徒の屈託のない笑顔が印象的な一日になりました。

小雨の中、宮島港広場に集合、2日目の始まりです。

↓スーパージェットで松山観光港へ

↓高波で船はかなり揺れました。

↓松山観光港に到着、横断幕で歓迎を受けました。

 別子銅山コースに同行しました。別子銅山は江戸時代から昭和48年に閉山するまでの約300年間、住友によって採掘がすすめられ日本の産業近代化に貢献しました。現在は当時の坑道の一部が整備され、見学できるようになっています。堀子(ほりこ)=採鉱夫、負夫(おいふ)=運搬夫のつらく、厳しい作業の様子が人形によって再現されています。

↓坑道見学の前にバーベキューの昼食

↓坑道の入り口

↓ガイドの方の説明を聞きながら坑道を奥へ進みます。

↓2日目の宿は道後温泉、道後温泉本館前で記念写真

↓商店街を散策

↓「いただきます!」お疲れさまでした。たくさん食べて明日もがんばりましょう。

2020.10.07

修学旅行 1日目

修学旅行1日目、秋晴れの爽やかな天気になりました。今日は広島での平和学習と厳島神社の見学です。今年は戦後75年の節目の年にあたります。原爆ドームや平和記念資料館の展示を見て、あらためて戦争の悲惨さと平和の尊さを痛感しました。立ち話をした平和資料館の警備員さんの話、「75年の節目の年にもかかわらず7月まではまったく修学旅行生が来なかった。本当に寂しい毎日でした。最近やっと元に戻りつつある。有難いことです。」その言葉からは「一人でもたくさんの人に資料館を見て欲しい。そして平和について考えて欲しい」という強い思いを感じました。

↓名古屋駅での集合、遅刻・欠席なしで順調なスタート

↓新幹線に乗車、停車時間は1分

↓広島駅に到着、ホームではバスガイドさんが出迎えてくれていました。

↓原爆ドームを横に見て、原爆死没者慰霊碑へ向かいます。

↓慰霊碑の前で黙祷、死没者の方の冥福と永遠の平和を祈りました。

↓平和記念資料館へ入場、コロナ対策で入場は予約制です。

↓対話ノートに平和への思いを記しました。

↓フェリーに乗って約10分で宮島到着

厳島神社は現在、「令和の大修繕工事」中です。これは70年ぶりの工事だそうです。大鳥居、そして本殿も工事のシートで覆われています。朱塗りの荘厳な姿が見られないのは残念ですが、70年に一度の歴史的瞬間に立ち会えたとも言えます。いずれにしても思い出に残る見学でした。

↓おみくじで大吉をゲット!

↓商店街を散策しながら宿へ向かいます。

↓コロナ対策で入館時には検温

↓一日お疲れ様でした。しっかり食べて明日にそなえましよう。

2020.08.24

2学期始業式

短い夏休みが終わり、本日は2学期の始業式を行いました。1学期終業式は、放送を使って行いましたが、今回は学年集会の中で話をし、式辞に代えました。各学年では次のような話をさせて頂きました。

<3年>

2学期は自分の進路を決める重要な時期である。不安も多いが、早く楽になりたいと「安易な道」を選ばないで欲しい。自分のやりたいことがやれる学校、自分が本当に行きたい進路を選ぼう。そして、その実現に向けて、必死に努力をする。仮に結果が伴わなくても、頑張った経験は、今後の人生に大きなプラスになる。

↓生徒はソーシャルディスタンスをとって座ります。

<2年>

2学期は、学校の中核として2年生が力を発揮しなければならない行事が多い。2年生が頑張れば学校全体が盛り上がる。コロナで制限が多いが、それは日本中の高校生が同じである。制限のあるなかで、最高のものを作り上げ、達成感、充実感を味わって欲しい。2年生の頑張りに大いに期待している。

<1年>

これから高校生活が本格化し、学習のレベルも上がる、部活においては大きな役割を担う人も出てくる。困難にぶち当たることもあるかもしれないが、全力で頑張って欲しい。そして1年生のうちに基礎・基本をきちんと身につけておく。基礎・基本は学習だけではない。欠席・遅刻をしない、大きな声であいさつする等々人間としての基礎・基本もしっかり身につけよう。

↓放送より生徒の前で話す方が気持ちが入ります。

実り多い2学期になることを期待しています。

2020.08.07

1学期終業式

8月7日(金)、1学期終業式を行いました。密集回避と熱中症対策で、5月の始業式と同じく放送で行いました。

始業式の時にも感じましたが、生徒の反応を見ながら話すことができないので、とても話ずらいです。一日も早く感染の心配がなくなり、全学年が集まって行事を行いたいと思っています。

↓放送の指示で、「一同、起立」

式辞では、本校のHPがリニューアルされたこと、感染症の拡大で様々な制限がある中、先生方、生徒の皆さんの頑張りで、教育活動のレベルを落とすことなく1学期が終了できたことへの感謝を伝えました。

加えて、今年が戦後75年の節目の年にあっているにもかかわらず、感染症の影響で各地にある平和資料館を訪れる人や戦争体験を聞くための集会が減っていることを紹介し、節目の年にあたって是非戦争と平和について考え、後世に伝えていくことが、豊かな未来につながることを話しました。

放送室のマイクに向かって話します。

教室では生徒の皆さんが真剣に聞いてくれています。

生徒の皆さんは、感染症に十分注意して、充実した夏休みを過ごしてください。

ページトップへ