校長室より

2021.09.22

3年「課題研究」

本日は、3年生の「課題研究」の発表を見学させていただきました。本校の「課題研究」は、「総合的な探求の時間」(本校では「iタイム」と称しています)の中で行っています。4月から9月の発表会までの間、各自が設定したテーマに関して研究し、レポートにまとめます。毎年、ユニークな研究が多く、生徒の着眼点の鋭さに感心します。

3年生の男子生徒(個人情報保護のため名前を紹介できないのが残念です)は、表計算ソフトのエクセルを使って、音楽を演奏するプログラムを考案し発表していました。

↓エクセル画面にピアノの鍵盤が・・・!

↓発表を聞く生徒も真剣です。

総合学科の本校では、1年次から主体的、実践的、体験的な学習に取り組んでいます。3年生の「課題研究」はその集大成です。3年間で育まれた課題発見力、考察力、そしてプレゼンテーション能力を総動員して、作成されたレポートはどれも読み応えがあり、素晴らしいものばかりでした。下記に特に優れたレポートを7点掲載させていただきます。是非、ご一読ください。(題名をクリックするとPDFでご覧いただけます。)

「20年後日本にはどのような住宅が増えるのか」

「AIのこれからについて」

「Excelに演奏は可能なのか?」

「フッ素のはたらきについて」

「顔タイプによる似合う服装と自分の好きな服装は同じなのか」

「子供の発達と絵本」

「種目別 怪我しやすい部位」

2021.09.01

二学期始業式

本日は2学期始業式を行いました。緊急事態宣言が発出されたため、急遽放送で行うことになりました。放送だと聞いている人の反応がわからないので、本当に話ずらく感じます。一日でも早くコロナが終息し、聞き手の笑顔をマスクなしで見ながら話のできる日が来て欲しいものです。

↓一同礼、始業式の始まり

↓スピーカーからの声に集中

式辞では始めに、オリンピックのメダリストがインタビューの中で、周りで応援してくれた人たちに対して感謝の言葉を述べていることを紹介しました。そして自分だけの利益や成功を求めず、今の自分があるのは、自分に関わるすべての人の「お陰」と考え、周りの人に対する感謝の気持ちを忘れないことが大切であること。そして、感謝の気持ちを一人でもたくさんの人が持つことで、暮らしやすい、豊かな社会を築くことになる。だから何事に対しても「お陰様で」「ありがとうございます」の気持ちを忘れずに取り組んで欲しいと話しました。

↓マイクに向かってしゃべるのは難しい。

次に、コロナウィルス感染症について、今まで以上に感染防止に対する意識を強く持つこと、特にマスクを外す昼食時は、黙食(黙って食べる)、体育や部活動の後の更衣室も話をせずに短時間で更衣をすませるようにと注意喚起しました。

コロナ禍の状況で、しばらくは、我慢の時期が続きますが、生徒・先生、そして事務室が力を合わせ「オール知多翔洋」で、この困難な状況を乗り越えていきたいと思います。

終業式の後は、放送で部活動の表彰披露を行いました。春の総体予選と同様にこの夏休みに行われた大会でも、多くの部活動が優勝、上位入賞を果たしました。団体戦のみ下記に紹介します。

知多地区テニス選手権大会 女子団体優勝

ハンドボール選手権知多支部予選会 男子準優勝

知多支部卓球選手権大会 女子学校対抗第3位

商業科体育大会バドミントン競技 男子団体第3位

バスケットボール夏季選手権大会 男子ブロック優勝 

バスケットボール夏季選手権大会 女子ブロック準優勝

水泳新人体育大会知多支部予選会 女子団体準優勝

2021.07.20

快挙!総体知多地区学校対抗 女子総合優勝

以前、このブログで紹介したように、4月から5月にかけて行われた総体知多地区予選会で、本校の女子は、バレー、テニス、水泳、柔道の4競技で優勝、ハンドが準優勝を果たしました。知多地区では、各競技の優勝校に3点、準優勝校に2点、三位校に1点を与え、合計点によって順位を競う「学校抵抗」を実施しています。

↓左から優勝したテニス、水泳、バレー、柔道の代表生徒

今年度、本校は14点(3点×4競技+2点×1競技)を獲得し、総合優勝に輝きました。これは、本校創設以来の快挙であり、本当に素晴らしい結果です。生徒の皆さんの頑張り、顧問の先生方のご指導にあらためて敬意を表します。ちなみに、第2位はH高校(10点)、3位はO高校(7点)でしたので、まさに本校の圧勝、「部活動の強い知多翔洋」「部活動の盛んな知多翔洋」の面目躍如でありました。

↓立派な優勝旗をいただきました。

↓賞状、盾、カップもいただきました。

↓いっしょに記念写真

ちなみに、男子は7.5点で4位、あと1点で3位入賞でした。来年度は、是非とも男女アベック優勝を成し遂げたいものです。夏休みから2学期にかけて行われる新人戦においても、生徒の皆さんの活躍を期待しています。

2021.07.20

1学期終業式

本日は、1学期の終業式を行いました。昨年と同様コロナによる制限が多々あるなかでの、1学期でしたが、無事に終了することができました。

 式辞では始めに、この1学期は昨年、一昨年と比べると部活動の活躍が素晴らしかったこと、生活部、コラボハンバーガーなど新聞に取り上げられた活動も多かったことに言及し、夏休み・2学期も生徒の皆さんの活躍を期待していることを伝えました。 

次に「挨拶」について話をしました。「挨拶」はもともと仏教・禅宗の言葉で、挨拶の「挨」は、「相手の心を開く」、「拶」は、「その中に自分の心を投げ入れる」という意味がある。従って、挨拶は「相手の心を開かせ、相手の心に近づいていく」積極的な行為で、「あなたの存在を見つけました。よろしくお願いします」という人間関係をスタートさせるための手段であると話しました。若い人のコミュニケーション能力の低下が危惧されていますが、人と人とのコミュケーションの第一歩は、「相手に自分を認識してもらうこと、相手の心を開かせること」なので、まさに、挨拶はコミュニケーションの第一歩と言えます。そして、挨拶の「「あ」は「明るく」、「い」は、「いつも」、「さ」は、「先に」、「つ」は「続けて」これが挨拶の極意であり、実践して欲しいと話しました。

  終業式に続いて、総体知多地区総合優勝の披露(「快挙!総体知多地区総合優勝」のブログを参照)、英検合格者、バレー部の表彰披露を行いました。

↓英検2級、準2級合格者の表彰披露

↓バレー男子、選手権大会知多支部予選3位の表彰披露

↓バレー女子、選手権大会知多支部優勝、MVPの表彰披露

↓総体総合優勝の表彰披露

  生徒の皆さんには、長い夏休みを有意義に過ごして欲しいと思います。

「 挨拶の 出来る子となり 夏休み」 浅井千鶴子

2021.07.15

救命救急講習

本日は、知多消防署から、岩田消防副士長、永井消防士のお二方をお招きし、救命救急講習を実施しました。毎年、夏季休業に入る直前に実施し、熱中症や意識を失って倒れた場合に備えて、心肺蘇生の方法を学びます。

↓講師の方から手本を示して頂きました。

心停止した場合、迅速な初期対応が何より重要です。心停止後、2分以内に心肺蘇生を行うと救命率は90%、しかし5分後になると25パーセントに低下するそうです。(カーラーの救命曲線)

↓「あっぱくん」というトレーニングキットを使って練習

また、119番通報してから救急車が到着するまでに全国平均で約8分かかるそうです。救急車が到着するまでに周囲の人が応急手当をするかどうかが命を救うためには重要になります。

↓人形を使っての訓練も行いました。

↓講師の岩田副士長は、本校の卒業生です。

↓PTA役員の方も参加されました。

本日の講習で、いざという時にやらなければならないことは、理解できました。後は実際に行動に移せるかが問題です。すぐに行動を起こすには日頃の心がけと訓練(汗)が大切。今日学んだことを折に触れて思い起こし、シュミレーションしておきましょう。

ページトップへ