校長室より

その他

2020.10.29

知多市立中部中学校 進路説明会

10月27日(火)、知多市立中部中学校の進路説明会にお招きいただきました。公立高校全般の説明と総合学科である本校の特色を説明させていただきました。

3年生とその保護者の皆さんを前に説明させていただきましたが、保護者の皆さんを前に話をするのは、いつも緊張します。まもなく11月、志望校を決める大切な時期になってきました。生徒・保護者の皆さんの真剣な眼差しに圧倒されました。期待に沿えるような話であったか不安ですが、3年間やる気を持って勉強・部活に打ち込める学校を選ぶことや将来の進路や夢に応じて学科を選択することの重要性を説明させていただきました。

↓体育館に生徒・保護者の皆さんが集まっています。

↓スライドに中部中出身の1年生の集合写真を使いました。

これからが本当に大変な時期ですが、時間はまだ十分にあります。あせらず、じっくりと基礎・基本の定着を図ることが学力向上につながります。中部中学校3年生の皆さんの健闘を祈念しております。

最後に、今回の説明会に使用するスライドを作るため、写真撮影に協力してくれた中部中学校出身の翔洋高校1年生の皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

2020.10.02

彼岸花

校門から玄関に続く坂道の一角で、彼岸花が満開を迎えています。秋のお彼岸(秋分の日の前後)の頃に花がさくので、この名で呼ばれるようになったと言われています。別名曼殊沙華、リコリスとも呼ばれます。黄色や白の花をさかせる種類もありますが、やはり彼岸花といえば赤

この時期、半田市岩滑地区の矢勝川堤一帯は300万本の彼岸花が咲き誇り、赤一色に染まります。この半田市岩滑地区は童話作家新美南吉の故郷です。(南吉の生家、新美南吉記念館などがあります。)彼の代表作である「ごんぎつね」に彼岸花が登場することから地元の方々が手植えし、名所となりました。季節はまさに読書の秋、校門横の彼岸花を見た後、新美南吉の童話に親しんでみてはいかがでしょう。本校の図書館にも「新美南吉全集」があります。(奥(東)から2つ目の棚)

 ちなみに、彼岸花の花言葉は「情熱」。高校時代は何か一つでもよいので情熱を傾けて取り組んで欲しいと思います。

2020.08.31

100日間自転車無事故無違反ラリー

本日は、知多警察署交通課課長の西岡基様、交通総務係の髙木博光様が来校され、「100日間自転車無事故無違反ラリー」参加校の指定書をいただきました。これは自転車通学をしている高校が、100日間の自転車無事故・無違反にチャレンジし、参加者全員が達成を目指すものです。

本校は昨年も参加しましたが、残念ながら軽微な自転車事故が1件あり、「無事故」を達成することができませんでした。今年は、自転車通学をしている生徒全員が昨年以上に強く意識し、9月1日から12月9日までの100日間無事故・無違反を達成させましょう。

↓西岡様、高木様より指定書をいただきました。

↓高校生の交通事故についてお話をお聞きしました。

本校はたくさんの生徒が自転車通学をしていますが、寺本駅から本校までの通学路には、交通量が多く危険な交差点がいくつかあります。生徒の皆さんは、この「100日ラリー」をきっかけに交通安全の意識をさらに高めてください。また並進走行や一時停止無視に対して近隣住民の皆さんから苦情を頂戴することもあります。事故のない安全な交通社会の実現に向けて、交通マナーの向上にも努めましょう。

 「身につけた? ルールとマナー 反射材」 (平成28年交通安全スローガン)

2020.06.25

旭南中学校 上級学校説明会

6月25日(木)午後、旭南中学校の上級学校説明会にお招きいただきました。

総合学科としての本校の特色、行事、部活動などについて説明させていただきました。

拙い説明ではありましたが、生徒の皆さんは真剣に聞いてくれて感謝感激です。進路選択に向けて、これから大変な時期になりますが、自分が本当に行きたい高校を目指して頑張って欲しいと思います。

フレー!、フレー!旭南生、応援しています。

マスクを着けての説明は疲れますが、生徒の皆さんの真剣な眼差しに刺激され、思わず話に熱が入ってしまいました。

総合学科に興味を持った皆さんは是非、学校見学会に来てください。お待ちしております。

学校見学会の日程

令和2年11月14日(土)

令和2年12月25日(金)

詳細は後日、HP等でお知らせします。

2020.06.04

知多高校・知多東高校のDNA

本館棟1階の作法室前のロビー(昇降口の正面)には、知多高、知多東高を記念する数々の品物(校旗、トロフィーなど)が展示されています。

その中でも特に目を引くのが、平成6年(1994年)に知多高サッカー部が全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場した時のパネルです。この時、知多高サッカー部は、1回戦で強豪帝京高と対戦しました。惜しくも4-0で敗れましたが、「愛知に知多高あり」とその名を全国にとどろかせました。

知多東高では平成14年(2002年)に陸上部が陸上7種競技でインターハイに出場しています。

両校のDNAを引き継いだ本校でも、平成22年(2010年)に柔道部が創設以来、始めてインターハイに出場しています。

近年もたくさんの部活動が各種の大会や発表会で素晴らしい結果を出しています。「部活動を頑張る」という知多高・知多東高のDNAは、脈々と知多翔洋高に受け継がれています。

2020.05.22

ご挨拶

愛知県立知多翔洋高校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

この度、本校PTAならびに同窓会「知多の会」のご協力をいただき、ホームページをリニューアルすることができました。従来のHPより更新が容易になりましたので、学校の様子などを随時お知らせしていきたいと思っています。

是非、「お気に入り」に登録していただき、折に触れてご覧いただけると幸いです。 

さて、約3か月の休校を経て、やっと学校が再開しました。感染拡大防止のため、学校での活動には制限がありますが、生徒の元気な声が学校に戻って来たことは、何よりの喜びです。

生徒のいなかった間に、季節は春からら夏へと移り変わりました。4月には例年のように校庭や黒廻間池周辺の桜が満開を迎えました。

満開の桜の下で、新学期がスタートできなかったことが残念でなりませんが、残り10か月、生徒・教職員が力を合わせ、より充実した教育活動を行っていこうと決意しています。


どうぞよろしくお願いいたします。

テニスコート横の桜です。↓

黒廻間池周辺の桜さくらです。トップページの写真はここから見た校舎の全景です。↓

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページトップへ