トピックス

2021.02.12

3年生 H選択 日本史B・世界史B

3年生の選択歴史では、普段は世界史1クラス日本史4クラスに分かれて

主に中世~近現代の歴史を学んでいます

しかし学年末考査後からは、日本史・世界史の壁を取り払って、

教員側が提示した複数の講座から1番興味のあるものを選んで受けました。

そのうちのひとつ「戦略シミュレーションゲーム作成講座」では、

1930年代~1945年までの世界の動きをもとにしたボードゲームを考えました

ゲームを作るにあたって教員側から提示したのは

対象となる年代と、中心となる国家の名前だけ。

ですが、たったそれだけの情報で

プレイヤーが所属する陣営を選び、主要国家の保有ポイントで勝敗が決まる

というゲーム基盤を作り上げてくれました

さすがの発想力

じゃあその保有ポイントは?

これも当時の人口や工業力・軍事力をもとに数値化

「先生、ソ連がヤバいです!」

「数字だけみると枢軸側に勝ち目なくない?」

とはこれを中心的に考えてくれた男子生徒たちの言葉。

ちなみに保有ポイントの増減は主に「史実イベント」と「生産クエスト」で決まるとのこと。

史実イベントというのは主に戦争中の作戦が中心になってくるのですが、

どの戦いがどの国にとってどのような意味を持つのかを考えながら重要なものをピックアップする…

この作業にみんな苦戦していました。

4回の授業ではゲーム完成とまではなりませんでしたが、

史実を考察する過程で、若い兵士ばかりを特攻させる日本の作戦に対する疑問を持ったり、

そもそも勝てると思ってたのかななど、いろいろな「なぜ?」がきこえましたd( ̄  ̄)

それに対して自分なりの答えを持つことが本当の意味で歴史を学ぶということかなと思います

彼らに許可ももらったので、現3年生が考えてくれたこの基盤をもとに、

来年度以降もこうして大戦期の世界や日本についての考えを深めていけたらいいなと思います。

ページトップへ