校長室より

2021.06.30

安全教育講話・部活動表彰(水泳・陸上・柔道)

今日は期末考査最終日。試験終了後、体育館(1年生はプレゼンRでリモート参加)で、安全教育講話と部活動表彰を行いました。

↓3名の講師の皆さん

安全教育講話では、知多警察署から3名の講師の方をお招きしました。はじめに、生活安全課の松田正人様から、ネット犯罪に巻き込まれないために留意すること、夏休み明けに青少年の自死が増加している現状についてお話しいただきました。

↓松田様からネット犯罪等のお話をいただきました。

次に、交通課の髙木博光様から、自転車に乗る際のヘルメット着用努力義務、悪質な違反を繰り返す自転車運転者に対する講習制度、自転車事故は「出合い頭」でおこる場合が多い等のお話をいただきました。

↓髙木様から自転車の安全運転についてお話をいただきました。

試験も終わり気が緩みがちな時期になります。生徒の皆さんは、今日の話を心に銘記し、安心・安全な生活を送って欲しいと思います。

安全教育講話の後は、部活動の表彰披露を行いました。今回は、水泳部、陸上部、柔道部の表彰を披露しました。水泳部は、総体予選で女子総合優勝、4×100mフリーリレーでは、大会新記録で優勝を飾りました。

↓水泳部の表彰披露

陸上部の女子選手(個人情報保護のため名前を紹介できないのが残念です。)は、総体県大会のハンマー投げで5位に入りました。4位以上なら東海大会に出場できたそうで、その点は残念ですが、素晴らしい結果だと思います。

↓陸上部の表彰披露

柔道部の男子選手は、国体の最終選考会で2位に入りました。1位なら国体出場だったそうですが、ここまで残った選手は、公立高校では彼一人だけなので、陸上部同様素晴らしい結果だと思います。

↓柔道部の表彰披露

  水泳部女子の総合優勝を加え、今年の総体予選では6つの部活動(テニス女子、バレー女子、サッカー、水泳女子、柔道男子、柔道女子)が優勝を果たしました。本校の歴史に残る輝かしい結果だと思います。総体の県大会もほぼ終了し、3年生が引退、中心が2年生に移った部が多いのではないでしょうか。2年生、1年生の皆さんも新人戦、来年の総体予選を目指して頑張ってください。

ページトップへ