校長室より

2021.04.01

新年度の始まり

校庭の桜が満開を迎える中、令和3年度が始まりました。昨年度は新型コロナウィルスに翻弄された1年でしたが、今年もしばらくは、我慢の日々が続きそうです。しかし、春は必ず訪れます。それは毎年満開となって私たちの気持ちを浮き立たせてくれる桜が証明しいています。現状を悲観することなく、校庭を彩る花々のように、明るく、前向きに教育活動に取り組んで参りたいと思います。

↓満開をむかえたテニスコート横の桜

下記に<令和3年度の重点的な取組>を掲載させて頂きます。本年度も本校に対しまして、ご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

<令和3年度の重点的な取組>

(1)総合学科の特色を生かし、「多様な進路希望の実現」を可能にする進路指導の推進

※「難関大から就職まで」対応できる進路指導

(2)「多様な進路希望の実現」を可能にする学習指導の推進

※日々の学習習慣を確立させ、基礎学力を定着させる

(3)生徒の学習意欲を高揚させる「総合学科」にふさわしい授業のさらなる推進

※主体的・体験的な授業の工夫と実践=新学習指導要領への対応

(4)部活動指導のさらなる充実

(5)明るく元気な挨拶と清楚な身だしなみ、および規範意識の向上

(6)多忙化の解消

(7)効果的な情報発信の工夫

↓黒廻間池周辺の桜も満開を迎えています。

ページトップへ